緑オリーブ法律事務所ブログ

緑オリーブ法律事務所ブログ

 文書の破棄や文書の改ざん―モリカケ問題や自衛隊PKO日報問題を通して、文書をきちんと残し、しっかり公開させることの大切さに皆が気づきました。「公文書の管理」がきちんとなされることは、民主主義社会には絶対に必要です。
 では、どのように文書を残し、情報公開につなげるか。公文書管理制度の立て直しは待った無し。
 さぁ、どうする!公文書管理。
 一緒に考えませんか。(浜島将周)


 


【第一部】講  演
 基調講演 「日本の公文書管理の現状と課題―モリカケ、PKO日報を素材として」
<講 師>
 三宅 弘 氏(獨協大学特任教授、前内閣府公文書管理委員会委員長代理・特定歴史公文書等不服審査分科会会長、関東弁護士会連合会理事長)


 特別講演(ビデオレター) 「日本の公文書管理について」 
<語り手>
 福田 康夫 元内閣総理大臣
 消えた年金問題などを契機に制定された公文書管理法は、どのように構想されてきたのでしょうか。また、最近の問題をもふまえ、どのようなあるべき姿が求められるのでしょうか。公文書管理法の生みの親というべき元総理から伺い、民主主義の方向性を考えます。


【第二部】パネルディスカッション
<パネリスト>
 三宅 弘 氏
 日下部 聡 氏(毎日新聞東京本社統合デジタル取材センター副部長)
<コーディネータ>
 新海 聡(日本弁護士連合会情報問題対策委員会副委員長)


○日 時
 2019(平成31)年1月27日(日) 午後1時30分~午後4時30分 (開場 午後1時)


○場 所
 愛知県産業労働センター・ウインクあいち 小ホール2
   名古屋市中村区名駅4丁目4-38
   (JR・地下鉄・名鉄・近鉄「名古屋駅」より徒歩5分)


○参加費等
 入場無料・予約不要・先着順(定員250名)


○お問合せ
 愛知県弁護士会事務局第2課人権・法制係
   ☎(052)203-4410


※詳細・チラシはこちら

  • <
  • 1
  • >