緑オリーブ法律事務所ブログ

緑オリーブ法律事務所ブログ

 このブログでも何度か取り上げている「給与ファクタリング」。(2019年12月3日「〝給料ファクタリング〟にご用心を」、2020年6月2日「(続)〝給料ファクタリング〟にご用心を」
 とうとう給与ファクタリング業者が貸金業法違反(無登録営業)の疑いで逮捕され(中日新聞WEB版・7月30日)、出資法違反(超高金利)の疑いで再逮捕された(読売新聞ONLINE・8月19日)との報道がありました。


 「ファクタリング」とは、もともと中小企業などが売掛債権を売却し、当座の資金を調達する手法のことをいうのですが、「給料ファクタリング」は、これを個人の賃金に当てはめて、個人が資金提供を受けられるようにしたものです。


 逮捕された業者は、法定金利(上限年15~20%)を大幅に超える金利(年利換算で630~1620%!!)で営業していたようですから、逮捕に至ったのも当然でしょう。


 金融庁も、給与ファクタリングについて、「給与の買取りをうたった違法なヤミ金融にご注意ください!」と、違法なヤミ金融業者と同視して、利用注意を呼びかけているところです。
 くれぐれも利用されないよう、ご注意ください。


 給与ファクタリングを利用してお困りの方、東京では東京ファクタリング被害対策弁護団が結成され、被害相談にあたっています。ご相談なさるとよいと思います。
 また、当事務所は、借金・債務整理のご相談は、初回無料としています。まずはお気軽にご相談ください。(浜島将周)

  • <
  • 1
  • >